top of page
Search
  • Japan Hong Kong Democracy Alliance

第一回香港自由芸術賞受賞作品展「…に栄光あれ」


【イベントのお知らせ】


日本香港民主連盟と Lady Liberty HK 香港民主女神 は《 如水 Flow HK 》と協力し、受賞作品の世界巡回展示の初ステーションを台湾で開催します。


もし香港が自由を取り戻す未来があるなら、歴史家はおそらく《港版国安法》を中国が極権の鉄のカーテンを引く序曲と呼ぶかもしれません。香港は不自由の一端に閉じ込められ、鉄のカーテンから逃れる香港人は依然として彼岸で抵抗の理念を続け、カーテン内部で自由を望む執念を様々な方法で伝えています。政治的な抑圧の下で、香港の芸術表現の自由は難しいものがあります。香港自由芸術賞の初回は「…に栄光あれ」というテーマで、「願榮光歸香港(香港に栄光あれ)」の禁止に抗議するために行われ、この曲は無数の香港人の信念を背負った抵抗の歌です。


中国の軍事的脅威が地域の緊張を高める中、台湾と日本は東アジアで中国を取り囲む最前線に立っています。これら二つの島国の自由民主的な伝統は、香港国家安全法の後もなお、香港人が自由な意志を発展させる空間を提供し、地元の香港コミュニティが相互支援の力を徐々に結集させています。香港自由アート賞が台湾で初めて展示会を開催するのは、この地政学的な時代において、アートを通じて人権価値の新たな誕生を称える機会です。中国政府が人権を否定し、民主主義を歪める中、香港人は地域の人権協力の中心となり、我々が大切にしている価値を継続すべきです。Flow HK、香港民主女神、およびJapan Hong Kong Democracy Alliance 日本香港民主連盟は、12月10日の世界人権デーに香港、台湾、日本の創作の自由を支持する力を結集し、各地で亡命するアーティストがいかに創作を続け、さまざまなアート形式で自己表現し、地域や世界に希望をもたらすかを一緒に見届けます。


このイベントは台湾キリスト長老教会濟南教会香港チームの協力を得て、台北で10日間の展示が行われます。展示内容には香港自由芸術賞の受賞作品だけでなく、台湾在住の香港人アーティストも多数参加し作品を展示します。《如水》、香港民主女神、そして日本香港民主連盟は、世界中の仲間たちに台湾で集まり、香港民主運動の未完の使命をサポートしていただくことを心よりお願いします。


▲ 第一回香港自由芸術賞受賞作品展「…に栄光あれ」

▲ 開催期間

12/7日 - 8 日 10:00 - 20:00

12/11日 - 15日 10:00 - 20:00

12/16 日 10:00 - 17:00

▲ 会場

台湾基督長老教会濟南教会B1

(台北市中山南路3號)


23 views0 comments

Comentarios


bottom of page